読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八神春彦|事柄広め

品物、ゲーム、政治などについて書きます。知りたい事を詳しく。

【差別】担任教師が避難児童を“菌”呼ばわり 教師は「愛称」と言い逃れ

f:id:haruhiko236:20161202195051j:plain

  • 小学4年の男子児童の名に“菌”を付けて呼んでいたのは40代の担任の教師
  • 担任が家庭連絡ノートを本児童に返却する際に「○○菌さん」と呼んだ
  • 名に“菌”を付けられて呼ばれた児童は11月24日から学校を休んでいる
  • 児童は東日本大震災のあとに福島県から新潟市自主避難していて同級生に菌呼ばわりされている事をこの教師に相談していた
  • 教師は「愛称だった」と話している

 

ひとこと

被害者である児童が“菌”と呼ばれている事を担任に相談したにもかかわらず驚くことに相談された担任自らが児童を“菌”と呼ぶという事は極めて許し難い。
我が国の教育現場がいかに荒れているかをまたまた明らかになりました。ただちに正さなければいけないのですが政府の動きは極めて遅く子達を思うと心が痛むばかりである。