八神春彦|事柄広め

品物、ゲーム、政治などについて書きます。知りたい事を詳しく。

難民認定制度を悪用が横行 入国管理局が運用を厳格化へ

f:id:haruhiko236:20160629020615p:plain

 難民申請は増え続けている。難民申請者数は平成22年から僅か5年でおおよそ8倍と急激に増えている。民主党政権時である平成22年に申請から6ヶ月経てば国内で働けることを認める改正が成されたためだ。これによりて東南アジアをはじめとする国々から悪用されている。

悪用を受けて制度を厳格化

f:id:haruhiko236:20160629001223j:plain

 法務省入国管理局によると難民に当たらないにもかかわらず認定制度を悪用しようとしたとして在留や就労が認められなかった外国人が半年余りで現在までに160人以上に上ることが明かされた。入国管理局では「難民認定の申請が急激に増える中で悪質な申請も横行しているので警戒を強めたい」としている。

 

ひとこと

不正を許せば無秩序と化して真事に難民である人々が救われない。最も恐ろしいことは我が国において摩擦が高まること。イギリスをはじめとするヨーロッパにおいて既にそれは起きている。真事の救いと実らせるためにも難民や移民を受け入れることよりも発生国を正すことからはじめなければいけない。