読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八神春彦|事柄広め

品物、ゲーム、政治などについて書きます。知りたい事を詳しく。

中国が逝くか!?大腸菌を活かして高濃度のレアメタル蓄積

f:id:haruhiko236:20140116104319j:plain

ペルソナ4 ザ・ゴールデン

ペルソナ4 ザ・ゴールデン

  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2012/06/14
  • メディア: Video Game
  • 購入: 21人 クリック: 446回

法政大、大腸菌レアメタルを高濃度に蓄積することに成功

f:id:haruhiko236:20140116104509j:plain

 法政大学生命科学部の山本兼由准教授らは、大腸菌レアメタルを高濃度に蓄積することに成功した。遺伝子組み 換え技術を用い、通常よりレアメタルを10倍程度多く蓄積できる。この大腸菌を応用すれば、マンガンモリブデンなど海水中にあるレアメタルの回収のほ か、土壌や水中の金属汚染環境の浄化に役立つと期待される。

 レアメタルは従来、含有鉱物などから物理的・化学的手法を用いて採取されている。資源的な偏りがあるため、日本はレアメタルの大半を輸入に頼っている。一方、海水中には極微量にレアメタルが含まれており、これらを効率的に回収できれば新しいレアメタルの採取方法 が確立でき、日本国内での採取も可能になる。

 研究グループでは大腸菌の各金属に対する応答を網羅的に解析したうえで、特定の金属の取り込みや結合を促すた んぱく質をつくるための遺伝子の発現を強化。大腸菌を作製し、レアメタルを取り込みやすくした。取り込んだ大腸菌を破壊すれば、レアメタルと結合したたん ぱく質が得られ、最後にたんぱく質を除去すればレアメタルを採取できる。

 山本准教授は「遺伝子発現などを最適化すれば蓄積能力を1000倍に高めることができる可能性がある」と話しており、微生物の連続大量培養技術を持つ企業との共同研究を希望している。

 

法政大、大腸菌でレアメタルを高濃度に蓄積することに成功:日刊工業新聞

 

ひとこと

我が国と中国の関わり合いが悪くなった時に中国は希少金属レアメタル*1を我が国に売らないと致したことがあります。それを受けて我が国は希少金属を他の国から買い入れる、そもそも希少金属を使わない術を探すなどしておりました。そしてついにそれが実りました。これは真事に喜ばしく嬉しい事であります。これで我が国の中で得られますので安全保障が強まりました。

 

*1:ほかの国ではマイナーメタルと呼ぶ。