八神春彦|事柄広め

品物、ゲーム、政治などについて書きます。知りたい事を詳しく。

竹島と尖閣は我が国固有領土と解説書に

f:id:haruhiko236:20140111121501j:plain

尖閣諸島竹島は我が国の尊い領土でありますが、ようやく学習指導要領の解説書に「我が国固有の領土」と書き入れるそうでありますので、そのことについて書いて参ります。

決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)

決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)

  • 作者: 別冊宝島編集部
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2012/10/15
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回

尖閣竹島は固有領土と中高教科書指針に載せる 読売新聞より

f:id:haruhiko236:20140111115752j:plain

 政府は10日、尖閣諸島竹島について、中学校と高校の教科書編集の指針となる学習指導要領の解説書に「我が国固有の領土」と明記する方針を固めた。

 国際化が進む中で、「自国の領土についての知識を明確に伝えることが必要」と判断したもので、社会科の授業で領土について明確に理解させるよう求める。文部科学省は近く解説書を改定し、2016年度から使用される教科書で反映させたい考えだ。

 解説書は約10年ごとに行われる指導要領の改定に合わせ、同省が編集する。法的拘束力はないが、指導要領の意味や解釈について具体的に示すもので、教科書会社による教科書作成や、教員が授業を行う際の指針となる。北方領土については、これまでも中学校の解説書で「我が国固有の領土」と記述され、高校でも政府見解を取り上げるよう求めている。竹島については中学校の解説書で触れられているが、高校ではなかった。さらに、尖閣諸島に関する記述は、中高ともない。

(2014年1月11日03時13分  読売新聞
 

 

ひとこと

動き始めたことは喜ばしいことではありますが、解説書に書いただけでは何も始まりません。我が国の成り立ちや我が国の領土などについて深く教えてゆかなければいけません。加えて申し上げれば南樺太千島列島も我が国の領土であると教えなければいけませんし、政府としてもロシアに返すよう求めなければいけません。いずれに致しましても、国を尊ぶ心を持つためには国のことをよく知らなければいけません。ちなみに国を尊ぶ心とは先人と先人が築き上げてきた伝統文化と思いなどを尊び、そしてそれらを共にする仲間を慈(うつく)しむ心のことでありまして、政府を盲信することとは異なるということを覚えて置かなければいけません。

 

日本人が行けない「日本領土」 北方領土・竹島・尖閣諸島・南鳥島・沖ノ鳥島上陸記

日本人が行けない「日本領土」 北方領土・竹島・尖閣諸島・南鳥島・沖ノ鳥島上陸記

  • 作者: 山本皓一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/05/31
  • メディア: 単行本
  • 購入: 11人 クリック: 756回