八神春彦|事柄広め

品物、ゲーム、政治などについて書きます。知りたい事を詳しく。

安倍総理、消費税率8%への引き上げを表明

f:id:haruhiko236:20131106044436p:plain

  平成25年(皇暦2673年)10月1日の6時頃、安倍晋三内閣総理大臣はあくる年の4月から消費税を5%から8%へ引き上げると決めた。安倍総理は予てから「戦後体制からの脱却」と「デフレからの脱却」を掲げてきた。戦後体制とは“占領軍(GHQ)が定めた体制および目指した体制”を指すが、この体制から抜け出すためにまずは経済(経世済民)を正さなくてはいけない。我が国の経済を見てみると安倍総理が述べる通りデフレ(デフレーション)に陥っている。デフレとは何かといえば物の値が下がり続けることである。物の値には原材料費や人件費などが含まれる。デフレが続くといかなることが起きるのかと言えば…

日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ

日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ

  1. 消費が失われる何か(世界恐慌リーマンショック、など)が起こる
  2. 物が売れなくなる
  3. 利益が落ちる
  4. 物の値を下げる
  5. 人件費を削るために給与または雇う人の数を減らす
  6. 2から5を繰り返しつつ外に行く
  7. 外に行くので人が雇われない
  8. 雇われないので給与を得られず物が買えなくなる
  9. 2から8を繰り返す
  10. 民の数が減り、技も失われ、社会基盤は壊れ、やがて国が滅びる

という考えたくもない悍(おぞ)ましい悪い流れが起きてしまう。これを防ぐためには消費を増やさなくてはいけない。皆様はエコカー減税やタバコ税増税を覚えておられるか。エコカー減税地球温暖化の元とされる二酸化炭素の排出が少なく環境に優しいエコカーを広めようということで行われた。タバコ税増税はタバコを吸わせないことで民の健やかさを保つために行われた。ここで見ていただきたいことは増やしたい物には減税、減らしたい物には増税していることである。デフレは物が売れないから起こる。つまり消費が増えればよい。従って消費税は減税すべきなのである。少なくとも消費税を引き上げてはいけないのである。いずれにせよ、消費税増税安倍総理が掲げる「デフレからの脱却」を遠ざけることになり、更に「戦後体制からの脱却」への道は険しさを増すことになる。

 

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

  • 作者: 安倍晋三
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/01/20
  • メディア: 新書
  • 購入: 1人 クリック: 2回
 
安倍晋三論

安倍晋三論